マッチングが変える技術職求人のあり方

求人の世界においては企業としては必要としている人材がいて、求職者としては希望する仕事に就きたいと考えています。
そういった中で企業が求人広告を出して希望する人を集め、書類審査や面接試験などを経て、適格と考えた人材を採用するというのが一般的なシステムです。

こういった流れの中では人材を求める企業のニーズに合っている求職者が現れれば良いですが、積極的にその人材を探しているわけではありません。
実はもっと有能な人材を獲得できる可能性があったのに、求人のタイミングが悪かったり、広告の出し方が適切でなかったり、審査を行った人が有能でなかったりしたために、それを逃してしまっていることがあります。

この問題を解決するシステムが登場してきており、企業のニーズと求職者のニーズをうまく噛み合わせる、マッチングのサービスを提供する企業が生まれてきています。企業の要望に応じて必要な能力を有する人材を紹介するこのシステムは、特に技術職の選定において力を発揮します。
必要とされる技術や各々の人材について熟知したエージェントが、企業にヒヤリングをして適格者を選定してくれるためです。

その選定された人材に対して面接試験を課すことも可能であり、人材選定に関する専門家の目と、自社の人間の目から二度のふるいをかけて、有能な人材を確保できる可能性を高めることができるシステムになっています。
こういったシステムを活用することで、ニーズに合った有能な人材を取りこぼすことなく迎え入れることができるのです。

 さて、このマッチングサービス、実は就職先を探している人と企業だけでなく、案件を探しているフリーランスの人と企業を結びつけるエージェントもあり最近注目されているらしいです。気になる方はこちらを見てみてください。+++http://effective-useof-agent.info/+++