人とのやり取りをするエージェントになる

フリーランサーが仕事を獲得していく手段として、自分でインターネットサイトや求人広告等から仕事を探し出すという方法に加えて、エージェントに依頼して探してもらうという方法がよく行われます。
もともと仕事を探すということには専門的ではない人が、いきなり仕事探しをするというのは難しく、それを専門とする人に依頼した方がよりよい仕事を効率的に見つけることができるのです。

実際に、そうしてフリーランスの仕事を続けていくと、クライアントへのヒアリングの経験も積み、その接し方や対応の仕方等についても学んでいくことができます。

一方で、同じフリーランサー同士の仲間も増えて、同じエージェントに依頼している知り合いも増えてきます。
すると、その仕事は自分だったら別の人に割り当てるのにといったことを思いつくようにもなってくるでしょう。
もし、クライアントとのやりとりや仕事の割り振りなどに興味を持つようになったら、次の仕事先としてエージェントになるという道を歩むのも一計です。

専門職の人の評価は、その専門職の人によるものが最も適切な解につながりますし、クライアントの要望も正しく理解することができます。
そういった視点から、仕事の仲介をするために奔走する専門的知識をもった人材は重宝されており、フリーランサーとして働いた後の道としても開けているのです。もしフリーランサーとして働いている中で人とのやりとりに興味をもったら、そういった道も考えてみるとよいでしょう。