転職の契機は現状の仕事を理解できたとき

新しい会社に入社して3年目というのは、一つの転機となります。
会社にも慣れてきて仕事の内容も理解し、ルーチンワークは考えずにもできるようになったと認識するのにちょうど2、3年かかるのが一般的だからです。

この時点で、今の仕事が自分に合っているのかどうかということを改めて認識できるようになります。
同様のことが同期にも旧友にも言うことができ、同じ悩みをもって相談し合うことで気づかされることもあるでしょう。もしこのタイミングで職について悩むことがあったら、転職をすべきか否かをじっくりと考える好機です。

転職市場を考えると、入社後2、3年程度の第二新卒と呼ばれる人たちを対象とした市場がありますので、努力次第で転職先を見つけることは可能です。
問題は、同じ職場で続けることが本当に良いのかどうかということを判断するという点と、もし辞める場合には次に得る仕事では何を目指すのかということを明確にすることです。

社会のことをあまり知らずに新卒で入社した場合には、自分の想定した仕事内容ではなかったということもよくあるので、それがわかっているならもっと自分に合った仕事を探しに出るのが懸命です。
しかし、2度目の3年目がないようにするために仕事に何を求めているのかということを明らかにして、それが実現できる職種を探すことが重要になります。
そして、その職種に就くためにもしスキルアップが必要であれば、辞職する前に身につけておくと円滑に仕事を変えることができるでしょう。